* l a  v i e  à  M o n t r é a l *

j o i e  d e  v i v r e を 目 標 に M o n t r e a l で の 毎 日 。 。 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

le resultat du examen

インテンシブで通っていた学校のテスト結果!!
Level Adv.1
《Oral Evaluation》
Pronunciation: very good
Vocabulary: good
Listening: good
Homework: good (あれ?ほとんどやってたのになー?)
attendance: very good (最初旅行帰りで欠席してたのに?)
Punctuality: very good (日本だったらぜったいsatisfactoryの評価だと思う(笑))
Class Activities: very good

《先生からのremarks》
・Fluency: A - very good - no problems
- your speaking is very natural and spontanious, which is good, but you need to work on
the grammar aspect a bit. (すごい頭悪い子みたい、、、)
- sometimes you use the simple present when you are speaking about the past. (これは良くやる)
・Grammar: B - watch out for verbs which take the gerund and not the infinitive. (そうなのよねー)
- you need learn more about when you need to learn more about when to use the article "the". (やっぱり日本人だ)
- Review "so" vs. "such" (未だに良く分かってない、誰か教えてー)
・Pronunciation : good - watch out for the "L" sound. (Lの発音が無音、または違う音になってることがあるらしい)
・Vocabulary: good - keep reading in English to increase your vocabulary. (おっしゃる通りです)
・Listening: good

《Overall Result》 B+ (あー、良かった。。。)

ほぼ予想通りの結果です。でも大学付属のESLと同じレベルでも内容が全然違うね。
ここのクラスでは一番発言回数多かったけど、パートタイムで大学付属のESL続けてて、
そこだと私なんておとなしい方、こんな評価はもらえないと思う。
アカデミックでまず語彙がついていかない。。
いくらgrammarで分かっててもいざ普通のconversationについていくために喋ると
過去のことも現在形で喋ってたり、基本的なことをよくミスする。からもっと喋っていくこと。
でも気にして喋ると会話にならないのよね。考えてるうちに会話は進んでるやん?
で、会話中に相手が直してくれてもなかなか頭に入らない。時間が欲しい。。
フレンチ本格的に始めるまえにもっとインプルーブしたいな。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 14:06:58|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

l'institutrice d'ecole maternelle?

今日は正式に某学校でのアシスタントのお仕事がはじまって
担当のクラスは平均3歳の子たち。チームティーチングで授業。
一番最低でも小学3年生、上は高校3年生しか受け持ったことなかった
っていうか主に中学生相手だったから、、
それと幼児っていうのは、日本語で言えば同じ「先生」。
でも全く違う職種だと思う。
私はどっちかというと中学生くらい相手のほうが得意。
自分が中学生のときにどういう風に感じて何を悩んでいたのか
何が楽しかったのか覚えてるし、こんな先生が好きっていうのも分かる。
そんな理想に近づけるようにやってきた。

でも今回この仕事をもらったのは、将来のやりたいことにも
少し関連があるかもしれないので、すごくいい経験になる。
すごく得意ではないけど上手くやっていけそうなことが今日判明して
自分でもびっくり。子供の目線でゆっくり話すこと、
少しオーバーリアクションでいつも母親みたいに温かいこと。
だいたい人の世話ができるほうでないので自分でびっくりしたのだ。

その仕事が終わってからペストリーの仕事復帰。
やってて「楽しい」って再認識。やっぱり好きなことなんだ。
だから上手くできるし、例えばアイシングに色をつけても
すごくかわいい色に作ることができる。

これを将来にどうつなげていくか、またその場所がどこであるか、が今後の課題。
  1. 2006/01/28(土) 23:10:32|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

mon nouveau logement

あたらしい環境になって初のblog書き込みです。
前の家は出るのがおしいほどだったんだけど、色々事情があって。
そんなわけで少し東へ引越したのです。
新しいお家もsuper cleanだし、ルームメイトもちゃんとバイリンガルで
neat、kind、お互いのprivateもrespectし合おうという感じで
最初はちょっとナーバスだったけど、もう2日で慣れました。
あれ?なんか日本語乱れて長島監督みたいになってる(笑)

でも確実にフレンチ率UPしてるし、まだまだご近所も慣れないので
これから、って感じ。
今日はインテンシブで行ってた学校のファイナルテストでした。
思ったより記述が多くて、どんな採点されてるのかちょっとドキドキ。

もう学校に払うお金ないわよー。移民の学校しか通えない。
某大学付属のパートタイムはまだ続くけど、またこれがハード。
privateの学校とは全然違うね、スピードも宿題の量も。
でも2月からはまた仕事の鬼になろうかな。3つ掛け持ちだし。
って言ってもlazyで遊びたがりやの私のことなんで実はたいしたことなくて
1つは週3、1つは週1、2時間。1つはたまーに御呼びがかかるくらい。
だから週にもう1日くらい働けるとこないかなーって考えてます。

自営でもしようかな、個人輸入とか。。。
  1. 2006/01/26(木) 13:29:40|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

jouir pleinement de la neige

今日は日曜日にもかかわらず午前中ちゃんと起きたのでお母様に電話。
某日本語学校から教員アシスタントのオファーを頂いたので、
それを受け入れるなら条件として5月末までここにいることになる。

最近ずっと考えていたこと。
パっと日本に帰ってしまったほうがどれだけ楽か。
色んなリスクを考えてみても、それでもここにいたい理由。
これから先のこと。周りのリレーションのこと。。。

でも話したらなんだかちょっと楽になった。
ありがとう、お母さん。

今日はすごくいい天気。雪のコンディションもいいし。
Mont-Royalにスライディングに行ってきました。
neige11

言わばソリ遊びみたいなやつ。
$3くらいでプラスチックのシートみたいのが売っていて
ちょっとお尻痛いけどなかなかこれが楽しい。
写真では分かりづらいけど、パグが走り回ってて滑ってくる人を
おいかけてて、めっちゃかわいかったー。
他にもゴールデンレトリバーもご主人様が滑るとついていったりして
あー、うちのプウこが恋しくなりました。
neige10


その後Old Portで雪のフェスティバルやってるかと思って行ってみたけど
まだなんにもなかったです。多分来週?
おなかもすいてきたのでSaine-Vincent通りにあるGALIANOSっていうレストランで
クレープを食べて、運動の後だったからかすごくおいしかった。
冬の雪景色も今日みたいにきれいに晴れてたら、それだけでリラックス、
散歩するだけでもすごく気持ちがいいし、久々にMontrealらしさを満喫したような一日でした。
あと1週間、インテンシブで英語がんばります!!
  1. 2006/01/22(日) 23:15:49|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

merci pour les cartes de noel!!!

みなさん、クリスマスカード、季節のグリーティングありがとうございました。
クリスマスシーズンはディスプレイにさせて頂いてましたよ。
les cartes

もちろんそれから普段のお手紙やメールも。
もうすぐ引越しますので新しい住所は追ってお知らせします。
  1. 2006/01/21(土) 23:51:05|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

melancolique?

今日は臨時で某日本語学校で授業を受け持った。
教えるクラスは日本の塾で教えていた生徒たちと同じくらい、
12歳くらいなので気負いなく楽しく授業。

漢字のテストはみんなかなりヤバい。
おそらく家の中では日本語で話す環境であっても書くことはほとんどないのかも。
こちらの人がよくやる間違いをたくさん見る。
例えば、
「ボール」なのか「ボウル」なのか、カタカナものは普段から日本語らしく言う機会もないのかも。
「しょうどう」なのか「しょうどお」なのか、実際読みから推測すれば「ショードー」だもん。
漢字も似てるのに怪しい漢字をたくさんみる。

反省点は単語を説明する時についつい日本語で思いつかないと英語で「『ground』のことね」
なんて言ってしまったこと。きちんと日本語で説明できないと日本語の授業じゃない。
しかも例文はたくさん与えてあげるものの、あまり時間がなくてバタバタに。
最後の30分は新年の書初めをしてしめくくり。

校長から「ビザ延長されたら是非連絡くださいね」と言って頂いた
(以前ビザの理由で落とされたのは単なる慰めだと思ってたから)のと、
1ヶ月近く仕事がなかったのでお小遣い(2時間ですごく割が良かったし)を手に入れて
ルンルンで友達の家に向かおうとmetroの駅構内に入ったその時
後ろからSTMの保安員(?)がかなりダッシュで追い抜かしていった。
どうやら普通っぽくない。「え?何かあった?」と思うと改札付近で人がざわざわ。
その中に友達のShinちゃんとYちゃんが呆然とした顔で引き返そうとしているのを見つけて
私が聞くのと同時に「女の人が飛び込んだ」とのこと。

Montrealのmetroでは自殺が多いとか、実際それが原因でmetroが止まってしまったりすることは
今までも経験あったけど、ほんのそこで、ほんの数分前に、というのはあまりにショックが大きくて。
次々と駆けつける保安員、救急車、緊急レスキュー、パトカー。。。。

確かにこの日はグレー色の空に気温も3度くらいと中途半端で道が悪く、重々しい雰囲気だった。

分からないこともない。私だって「死にたい」と思ったことくらい1年くらいあるわよ。
そのころは今ほど「ウツ」なんて認められてなかったから自分で「ダメ」だって責める一方。
でも自分なりに自己啓発したもん。努力もそれなりにした。
確かに今の私にはないような、救いようのない悲劇があったのかもしれない。

それでも公共の場で、たくさんの人に何かしらネガティブなものを与えるのは確実
何も関係のなかった、それを目撃した人は一生どこかでそれを引きずっていくかもしれない。
この辺りを踏まえたうえで起こした行動だったのかどうかがすごく疑問
  1. 2006/01/14(土) 23:33:17|
  2. diary
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

le recit de voyage de balcerona

年末年始スペインのバルセロナいってきました。
せっかくならポルトガルとかparisにも行きたかったけど彼氏のお休みと合わせたので1週間MAX。
28日夕方montrealを出発して29日のお昼につきました。一人で時間たっぷりだったので
ここでも重い荷物を担いで市バス、metro乗り継いで、バルセロナでも電車とmetroを乗り継いで。
ホテルでなくてアパートっぽい感じのところに到着。彼氏は晩の到着だったのでそれまで
一人でうろうろ探検。東西方向間違えて歩いていくと、あれ?これってあのサグラダファミリア???
b2
そうです。いきなり一人で観光してしまいました。
そのあとはグラシア通りでぶらぶら。。  b1

MNGが激安なので早速お買い上げ。だって安いもん。
あと小さくてキラキラした'かんざし'のお店で、微妙に英語を話してくれる
かわいいスパニッシュの女の子に色々見せてもらって自分のおみやげ。
でもちゃんと締めるところは締めます。一人で晩ご飯はaircanada→ルフトハンザのたっぷり機内食で
残ったランチボックスのフルーツとかサンドイッチ。欧州系の航空会社って好き。
アイスでるしワインがんがん出してるし、エコノミーなのにシャンパンとか開けてくれるし。

彼氏の到着にはいろいろトラブルがあったものの無事到着して明日の打ち合わせをして。
まずはサグラダファミリア、あとガウディの色々建築物カサ・ミラとか、すごい良かった。

何ってね、ご飯がおいしい。何食べてもおいしい。ワインやサングリアが激安。
昼間から一人でハーフボトル空けていい気分で観光。

あとは写真で楽しんでください。
b3 街角で。すごいかわいかったのでおもわず。。。
ガウディのカサ・バトリョ。側面のタイルが優しい色でキラキラしてきれい。b4

b6 NewYearカウントダウンがあったカタルーニャ広場。みんなシャンパン飲みまくった後投げてた(笑)
レイアール広場 b7

b8 お金入れたら自転車こいでくれるおじちゃん。     ミロの美術館 b9

b10 b11
                                       グラシア通りにあるタパスの店。
  1. 2006/01/10(火) 23:43:29|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

les connaissances

久々に8時に家をでる生活で新年を迎えてweekdayが終わります。
朝学校のいcafeでコーヒーを買っていると誰かに肩をたたかれて
振り返ったら前の会社の同僚、びっくりした。
学校は文法と会話のクラスなんだけど、発音の矯正とか初めてやってみておもしろかった。
前から疑問だったけどbritishの英語は話せないのに何故か発音がbritishだって言われる。
ま、いづれにしてももっとまともに話ができるようになればそれでいいんだけど。

お昼はshinちゃんとRちゃんとlunch。
久々にDTで買い物。でもSpainで使いすぎたので今日は何も買わず。
あんまり眠くなってきたので夕方に解散して
私のお気に入りの店"Provigo"(スーパーですがなにか?)で
あてもなく買い物。だって冷蔵庫に何も入ってないし。
絶対日本の主婦にはなれない。いつも買うもの決まってるし。
トマト、アボカド、シャンピニオン、たまご、ベーコン、牛乳、オレンジジュース。。

珍しくキャベツでも買ってみようかと選んでると誰かに肩をたたかれて
振り返ったらchrisの友達のandreasだった。彼は2ブロック先に住んでるから
いつ会ってもおかしくないんだけど、Montrealって狭いよね。
彼には私も同じ英文学学士を持ってるとは言えない(私の大学なんて)けど
こないだの面接で仕事が決まって韓国行きが決まったらしい。
んー、chrisが寂しがるだろうな。

さ、今日は早くねよっと。もうごはん作れない。
  1. 2006/01/06(金) 18:40:02|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

bonne annee!!!

Que le temps des fetes apporte a tous bonheur, sante, prosperite.
あけましておめでとうございます。


28日にNew Hampshireから帰ってきて2時間でパッキングして同日Barcelonaへ行って来ました。
そうです。カウントダウンはDTのGracias通りにある広場でやってきたんだけど
なんか年が明けたって気がしない。レス日本食の私でもやっぱり
年越しそばとお雑煮のない正月なんてやっぱり正月でなく単に1月1日で。
だって年明けてもクリスマスのデコレーション残ってるもんね。
バケーションの写真UPしたいけどなにせ学業一番なんで、(え!?)
実は帰国してすぐに学校。今月はお勉強の月。(8ヶ月目にしてやっと。。。)
目標:High Intermediate突破!!

年末はボードをしにニューハンプシャー(US)のKillingtonへ行ってきました。
killington

友達のboston在住従兄夫婦がvermontにコンドを買ったので、そこへお邪魔して。
超リッチ!!湖のふもとにかわいい白い壁のコテージ、ボート、volvo2台!!
あり得ん!!年齢も5歳くらいしか離れてないのに、、世の中不平等すぎる。

ボードしたかったけどみんなski派だったのでスキーを借りてみた。
できると思ってたら特に最初はかなりヤバくて自分でもびっくりした。
やっぱりボードにすれば良かった、、なにせめちゃめちゃ広いもんゲレンデ。
でもそのうちなんとか感を取り戻して楽しんだのもつかの間。
脚ががくがくになって次の日は筋肉痛で苦しんでバルセロナへ向かったのは言うまでもない。
若さって大事よね。。。。
  1. 2006/01/03(火) 23:02:16|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。